このページをブックマークに登録する!

個人事業主が融資を受けるには?

融資

個人事業主が融資を受けるには、融資を受けやすい状態づくりから準備しましょう。

融資をお願いする窓口でも、服装や言葉遣いに気を配ります。

見栄を張って、派手な衣服を着用した状態で 窓口を訪れても、
「ああ、この人、浪費癖がありそうだな」などと、マイナスの印象を与えかねません。

ちなみに融資を受けやすいのは、公務員や銀行員、
弁護士など安定して収入が確保できる 見通しがつく職業・団体です。

個人事業主にとっては頑張りどころですね。

個人事業主として融資を受けるのであれば、
現在収入となる「引き出し」がどのくらいあるか、
また その引き出しが、どのくらいの期間使えるのか、ここが重要です。

収益をあげている事業・商品・サービスなど、
融側から、判断材料がどのくらいあって、
今後も その事業・商品・サービスを継続して収益が見込めるかです。

過去の実績より、今そしてこれからも継続して利益をあげていけるか、
そちらに重点がおかれます。

さらには、受けやすい時期もあります。

融資する側にとって、
予定の枠が余っている場合には 通常はしない、認めないけれども、
今月は枠が余ってしまうので融資する、
そんなタイミングもあるので、 最後まで諦めないことも大切です。




更新履歴